2017/9/4

9月4日「北朝鮮水爆実験の暴挙に思う」

平成29年9月3日 北朝鮮が6回目となる核実験を強行した。
相次ぐミサイル発射に続く許しがたい暴挙であり愚行である。
しかし、我が国を含め、国際社会は、この北朝鮮のやり方に有効な対策を見いだせないでいる。
 日米が「圧力」を加えても、中国やロシアにぬけ穴が生じたりして、有効にならない。
北朝鮮の最大の目的は、おそらく金体制の維持ということだろう。
体制を維持するためには、米国の圧力を抑制しなければならない。
米国からの先制攻撃を抑制するために、核を積んだミサイルが米国に届くことを誇示しなければならないということだろう。
これに対し、米国は一層圧力を強めるという悪循環になっているような気がする。我が国はPAC3を配備したり、Jアラートを使って避難を呼び掛けたり、「ミサイルを撃たれた時」に備えているが、本来は「ミサイルを撃たせない」「ミサイル発射の意思をそぐ」ことに注力すべきではないかと思う。
 北朝鮮というとんでもない国を壊滅させたいという気持ちは共感できるが、簡単にできるものではない。現実的見地に立つなら、北朝鮮という厄介な存在があることに(北朝鮮が、中国、ロシア、韓国、日本という大国有力国の中に位置することを含めて)ある意味やむをえないと考え、北朝鮮の核ミサイルの使用の動機をなくすよう、特に米朝の緊張を緩和することが必要なのかもしれない。

 

ホームへ先頭へ前へ戻る